« 米GDP見通し | トップページ | ドル・円:105円のNY満期オプションで上げ渋る展開 »

欧州外為市況

欧州時間のドル/円相場は膠着。

主だった手掛かり材料のない中、78.10-20円台での小動きが続いた。
一時、ユーロ主導によるクロス円の上げが目立ったものの、ドル/円にはほとんど影響はなく、同水準の域を出ることはなかった。

一方、ユーロは高値更新。
欧州株が堅調に推移したことなどを受け、まとまった規模のユーロ買いが入ると、対円・対ドルともに急上昇。

ユーロ/円は102.10円台、ユーロ/ドルは1.3040ドル台まで値を上げ、それぞれ本日高値を更新した。

なお、クロス円は、ユーロが上昇したことから連れ高となり、ほとんどの通貨で高値を更新した。 

|

« 米GDP見通し | トップページ | ドル・円:105円のNY満期オプションで上げ渋る展開 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。